ビマトアイドロップスとルミガンの効果に差はある?

長くてふさふさとしたまつ毛はとても魅力的であり、短くて薄いまつ毛の女性の中には化粧でまつ毛を美しく見せている人もいます。
しかし、化粧という手段ではまつ毛やその根元に大きな負担を与えることにもなるので、結果的に自分のまつ毛が抜けたり薄くなってしまったりと逆効果になってしまいます。
もともとの自分のまつ毛を育てるまつ毛美容液も人気があるのですが、医薬品でもあるルミガンは自分のまつ毛を育てることができるとして多くの人に利用されています。
ルミガンは、もともとは緑内障を持った人の点眼薬として利用されていたのですが、後遺症としてまつ毛が濃く長くなることからまつ毛の育毛剤としても利用されるようになったものです。このルミガンにはジェネリックもあり、それがビマトアイドロップスです。
ビマトアイドロップスは、ジェネリックであることからルミガンよりもはるかに安い料金で手に入れることができるというメリットを持っています。
しかし、日本国内の美容クリニックではジェネリックを利用することができないため、個人輸入で海外から手に入れることになります。
自分で海外から品物を手に入れるとなると、税関の手続きも必要になるので一般の人では難しく値段もはっきりと事前に分かりません。
しかし、個人輸入代行業を行っている業者に依頼すれば、正しい手続きをした後の値段であらかじめ提示してもらうことができ、面倒な手続きも済ませてもらえるのでとても手軽です。
注文をしたら海外から自宅に直接届くことになるので、手にするまでには多少の時間がかかってしまいますが、それでもビマトアイドロップス自体の価格も安く、美容クリニックに行けば必要になる診察料や初診料などの費用が掛かることもありません。
ジェネリックは、成分が同じことから効果に差がないことになるのですが、製造している場所が違うことから多少の違いが生じる可能性も持っているということを理解して利用する必要があります。

どのくらい継続使用すれば効果が実感できるのか

ビマトアイドロップスの効果は、個人差もあるので一概には言えないのですが、化粧品として販売されているまつ毛美容液よりもはるかに優れた効果を持っています。
医療現場で効果を実感している人の症例も多く報告されているので、継続するごとに確実な育毛効果を得ることができます。
さまざまな要因によって抜け落ちてしまったり薄くなってしまった場合だけでなく、もともと自分のまつ毛は短く薄いという人であっても今までにない差を感じることができます。
ビマトアイドロップスを一回塗っただけで効果を実感するのは難しいのですが、1週間ほど継続して使用することによってまつ毛にハリが出てくるのを感じることができます。
さらに使い続けて1ヶ月ほど経つと、まつ毛の本数が増えて量に対する増毛効果を実感してきます。
個人差もありますが、一般的には2ヶ月ほど続けて使用することが推奨されており、なかなか効果が実感できなかった人でも2ヶ月たてばまつ毛の太さや量の変化に気が付くようになります。
人の体の毛は、抜けては生えることを繰り返しています。それは、部位によってもサイクルが違ってくるものであり、髪の毛であれば5年ほど生え続けることもあるのですが、まつ毛になると2ヶ月ほどのサイクルが一般的です。
つまり、使用し始めて全ての毛が生え始めからビマトアイドロップスの効果を実感できるのは2か月後ということになるので、この時期に高い効果が出ることにもなります。
ただし、正しい使い方をしなければまつ毛に全く効果がないだけでなく、皮膚に色素沈着が発生してしまった、目の中に入って眼球が炎症を起こしてしまったなどのトラブルが発生することになり、そうなると使用を中断して治療に専念しなければなりません。
正しい方法で継続して使うことで、効果を継続することができます。