ルミガンでまぶたが二重になる?

ルミガンで二重まぶたになるという噂があるようです。これは数々の口コミから広まったもので、使用しているうちに二重瞼になれたというのです。
まつ毛の育毛効果が高いので、まつ毛が伸びることにより二重になりやすいといった説もあります。どれも仮説なので本当のところは分かりません。
噂が広まることで、まつげの育毛よりも二重に期待をして購入される方もいるようです。個人差があるので、二重になれる人もなれない人もいます。
なれないからといってルミガンが悪いわけではありません。たまたま成分の中に二重効果が期待できるものが入っており作用しただけです。
ルミガンを使用しまつげが伸び、伸びたまつげをカールさせると二重になる、と原理は筋が通っているようにも思えます。短いよりは長い方がカールもさせやすいので、そこに二重の期待をするわけです。
すっぴんの時ではあまり変化が分からないようで、メイクをすることにより目立つと言われています。目元は顔全体の印象を左右するので、ルミガンを使用し続けることで二重になれれば、こんなに嬉しいことはないでしょう。
まつ毛も伸びて二重にもなれるのですから、プラスなことばかりに思えてしまいます。口コミなどを参考にした場合はこれが落とし穴で、使用することで生じるデメリットの記述が少ないのです。商品を使用する際には良い面も悪い面も知らなくてはなりません。
二重になれる効果もあるようですが、でしたら二重目的の化粧品を使うべきです。二重化粧品には肌に優しい成分が配合されていたり、保湿効果もあるようです。
もちろん色素沈着などするようなものはないでしょう。ルミガンよりも安全に二重になることができます。ルミガンは短時間で効果がでるというので、それよりも時間はかかるかもしれませんが安心して使用できます。
瞼の脂肪のつき方は人それぞれです。周りの口コミだけに惑わされないよう、どんな目元にしたいのかを明確にしておくことが大切です。

二重になるためにルミガンを使うのは避けた方がいい?

二重を目的としたルミガンの使用はおすすめできません。緑内障治療薬として使用されているものです。薬として使われているので化粧品とは目的が異なります。
眼圧が下がることで瞼に変化があらわれます。くぼむ症状と併せて二重になるようですが、使用中に色素沈着があったり、目の周りが痒くなる、ずっと充血している症状もでるようなので、できることなら避ける方が良いと考えられます。
使い続けていると症状が悪化し、頭痛がすると言った声も上がっています。二重にするために、多くのリスクを背負わなければなりません。
まつげに使用するものなので、目に入ることで症状が引き起こされると考えられています。目の中に入らない様に使用するには、就寝前には使用しない、あまり時間をおかず洗顔をすると言った工夫が必要なようです。
一種のアレルギー症状で、体が過敏に反応しているのだといいます。免疫ができれば元に戻る様ですが、安心できる期間も分かりませんし個人差があるので、一概に大丈夫とも言いきれないのです。
また、元々二重の方が使用すると三重になるという口コミもあります。逆に眠そうな目元になってしまうので注意が必要です。
この様な声が多くあるのは、ルミガンが人気があり使用されている方が多いからです。だからといって様々な意見を鵜呑みにすることはよくありません。
症状は様々ですが、使うことにより瞼がたるむことは確かです。痩せコケるのですから、可愛さが半減するとも考えられます。
ぱっちりした目元にするためには化粧を上手くすれば良いことです。わざわざ目元を老けさせているようなものなので避ける方が無難です。下手な期待はせず、まつげ育毛剤として、本来の用途での使用をお勧めします。